辛い胸やけ、胃酸の逆流で5年間悩まされ続けてきた私が、薬を使わずに、「逆流性食道炎」を治療できたなんて・・・」

逆流性食道炎とは? -(重要度・検査) 

フリー百科事典ウィキペディア『逆流性食道炎』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E6%B5%81%E6%80%A7%E9%A3%9F%E9%81%93%E7%82%8E

【重症度】
「逆流性食道炎」は内視鏡による重症度分類は様々なものが提唱されているが、ロサンゼルス分類が一般に広く用いられている。なお、グレードNとグレードMCは日本独自の分類である。

Grade N:正常粘膜
Grade M:明らかな糜爛や潰瘍がなく、発赤だけを認めるもの
Grade A:粘膜障害が粘膜ひだに限局し、5mm以内のもの
Grade B:粘膜障害が粘膜ひだに限局し、5mm以上で相互に癒合しないもの
Grade C:複数の粘膜ひだにわたって癒合し、全周の75%を超えないもの
Grade D:全周の75%以上にまたがるもの

【検査】
内視鏡検査
食道上皮に発赤や糜爛(びらん)・潰瘍、腫瘍がないか検査する。
分光画像内視鏡では、胃・バレット食道・正常食道の粘膜の色調の変化から判別を行う。
拡大内視鏡では、血管走行や腺構造の違いが調べる。
食道内pHモニタリング
食道への胃酸逆流を評価する。24時間検査し、食道内pHが急速に4以下に低下したときに酸逆流と認める。

1日10分だけ!あなたも自力で根本から逆流性食道炎を治療しませんか?

インデックス

逆流性食道炎とは?

当サイトについて